就活生の逆襲!?

▼記事によると…

・画像は今、注目を集めている就活生のツイート。実際にあった面接でのやり取りです。就活は誰のもの?現場から聞こえてくる声です。

・冒頭のやり取りは、Office365をソフトウエアの名前と勘違いし、毎月、あるいは毎年一定額を払うことでWordなど複数のソフトを利用できるサービスの名称であることを、面接官が知らなかったが故に起きたと思われる悲劇です。

これがツイートされると、就職活動に励んでいる学生を中心に一気に拡散しました。

2019年4月12日 15時20分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190412/k10011881851000.html

Microsoft Office 365


Microsoft Office 365はマイクロソフトからMicrosoft Office製品群の中で提供されているサブスクリプション方式サービス群で、Officeのデスクトップアプリケーション版およびウェブアプリケーション版、Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Businessで構成される。中国では、マイクロソフトではなく、世紀互聯(21Vianet)が運用。
ライセンス: 月額課金サービス
Microsoft Office 365 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・言葉もでねぇ…

・凄く気持ちはわかるし面接官が無知だとも思うけど「は?」はない

・人事部に面接やらせるんじゃなくて技術のある社員にやらせる方が中身を見れていい説

・大人へのIT教育が必要だな。この就活生、可愛そう。

・最近では「ア○な対応したらSNSでバラされる時代なのに、それを企業が理解しとらん」辺りが「人手不足倒産」とやらの原因ではないか?…と思えるフシがなぁ

>就活生は入社志望者であると同時に、顧客でもあると思います。
これがわかってない企業はブラックと言っても過言ではない

・ほんと最近就活でろくな話聞かねえな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事