【韓国】釜山日本領事館の近くに設置された徴用工像、釜山市が強制撤去 → 市民団体が激怒

徴用工像撤去は「親日」=韓国・釜山の市民団体が非難

▼記事によると…

・韓国・釜山の日本総領事館近くの公園脇の歩道に設置されていた徴用工を象徴する像が市当局に撤去されたことを受け、像を置いた市民団体は13日、「撤去は親日(行為)だ」と市当局を非難する声明を発表した。

・市民団体側は「釜山市は日本の手先となることをためらわなかった」と反発。「市は『親日・積弊(積もった弊害)』であり、われわれは最後まで闘う」と強調している。

4/13(土) 18:49配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00000082-jij-kr

釜山広域市


釜山は韓国の大きな港湾都市で、ビーチ、山脈、寺院で知られています。活気あふれる海雲台ビーチには釜山アクアリウムがあるほか、綱引きなどの伝統的な遊びで親しまれている広場フォーク スクエアがあります。一方、広安里ビーチにはバーが充実し、ここからモダンなダイヤモンド ブリッジを眺めることができます。金井山にはハイキング トレイルがあり、山の麓には 678 年に建立された梵魚寺があります。
釜山広域市 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・え?まさかこれで少しでもその外交問題が改善するとか思ってないよね?

・撤去じゃなくて移転でしょ!

・単なるポーズに過ぎない。

・そんもんがあるのか・・・・(´・ω・`)

・モルゲッソヨでも立てとけば?

・エェ~。今さら…。(´・ω・`)

・移動はともかく、そんな歴史館があるんだ

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認