墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品」147機6兆2000億円を爆買いの愚

▼記事によると…

・F35シリーズは、かねてからその安全性が疑問視されてきた上、1機116億円もする「米軍史上、最も高価な戦闘機」であることから、同シリーズを147機も爆買いしようとする安倍政権の計画にも批判の声が上がっている。

・◯1機116億円のF35のかわりにできたこと
「政府の給付型奨学金の予算は、2018年度で105億円とF35A1機分より少ない。今年3月に打ち切られた、原発事故での自主避難者への福島県からの住居支援の額が約80億円です。F35A1機分のお金があれば、90の認可型保育所を新設できます。F35シリーズは維持管理費も高く、運用30年で1機あたり307億円もかかります。安倍政権が計画している147機の購入費・維持管理費をあわせると、総額で6兆2000億円という莫大な金額となります。人々の暮らしや教育への支援をないがしろにしながら、トランプ政権に媚を売るために、欠陥戦闘機を爆買いすることは許されません」(同)。

志葉玲 4/12(金) 11:53
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20190412-00122036/

▼志葉玲さんのツイート

↓↓↓

↓↓↓

志葉玲 プロフィール


志葉 玲は、日本のジャーナリスト、政治活動家。妻は著述家の増山麗奈。
生年月日:1975年 (年齢 44歳)
志葉玲 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・胸糞悪くなる記事

・行方不明のパイロット、心配です。僅かな希望ですが、ご無事を祈るだけですが。

・墜落を待ち構えてた感がありますね。

・そもそもF34Aは米国での開発費が膨張し続け「史上で最も高い戦闘機」となつて、問題視されていたため、米国はこの戦闘機を大量に売りさばかなければならなくなっていた。その要請に応えたのが日本政府、という曰く付きの戦闘機。

・「アメリカに貢ぐ」という目的には最適な手段ですが。

・たった一機でこんなにたくさんの福祉ができるんやねぇ。。。本当に国民の方を向いて政治やって欲しい。。。(*_*)

・むしろ、行方不明の自衛官の方が一番、真の事故原因の究明を望んでいるはずですしね。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認