立憲の「解党」圧力に反発=玉木氏、菅元首相に引退勧告-国民民主

▼記事によると…

・立憲民主党と同党会派の議員がインターネット交流サイト(SNS)を通じ、旧民進党議員の再結集を目指して国民民主党に「解党」要求を突き付け、国民側が反発している。

・口火を切ったのは立憲最高顧問の菅直人元首相。9日まで複数回にわたりブログで解党論をつづった。9日のツイッターへの投稿では「国民民主党は政治理念が不明確なので解散し、参院選までに個々の議員の判断で立憲との再結集に参加するのが望ましい」と踏み込んだ。

・これらに国民側は猛反発。玉木雄一郎代表は10日、東京都内の行事で同席した菅氏を呼び止め、「煩悩があり過ぎるようなので、お遍路でも回ったらいかがか」と引退を勧告。

2019年04月11日15時39分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041100850&g=pol

玉木雄一郎 プロフィール


玉木雄一郎は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。民主党香川県連代表・副幹事長・政策調査会副会長、民進党幹事長代理、希望の党共同代表、希望の党代表、国民党代表、国民民主党共同代表を歴任。
生年月日: 1969年5月1日 (年齢 49歳)
玉木雄一郎 - Wikipedia

菅直人 プロフィール


菅 直人は、日本の政治家、弁理士。立憲民主党所属の衆議院議員、国のかたち研究会設立者・会長、立憲民主党最高顧問。 厚生大臣、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣、旧民主党代表、民主党代表、民主党政策調査会長、民主党幹事長、民主党代表代行などを歴任した。
生年月日:1946年10月10日 (年齢 72歳)
菅直人 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・菅直人のような過去の遺物に言われたら誰だって腹立つやろう。立憲は純化路線を決めていて他党との合流なんか視野に入れてない。所詮、旧民進党の権力争い。合流しても派閥が出来るだけだ。こんな野党を誰が期待するんだ?

・皮肉としては良い。

・玉木は何故か最近まともになりました。

・玉木ちゃん自民へ飛び込んじゃえ👊✨

・玉木氏は他のツワモノに比べると挙動不審の人の良さと言うか弱さが目立ってしまって。きっと彼は後ろから誰かに操作されてると思っています。

・どーでもいいやりとり。。。

・時々玉木氏は良いこと言うんだよね。。。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認