不明のF35A戦闘機 防衛省が墜落と断定

▼記事によると…

・9日夜、青森県三沢市沖の太平洋上で航空自衛隊の最新鋭の戦闘機「F35A」の機影がレーダーから消えた。航空自衛隊は、現場周辺で機体の一部が見つかったことなどから機体が墜落したと断定した。

・パイロットは見つかっておらず、自衛隊は引き続き航空機や艦艇を出して捜索にあたっている。

2019年4月10日 9時23分
http://news.livedoor.com/article/detail/16293469/

F-35 (戦闘機)


F-35 ライトニング II(英: F-35 Lightning II)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発した、単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機である。開発計画時の名称である統合打撃戦闘機(英: Joint Strike Fighter)の略称JSFで呼ばれる事も多い。
F-35 (戦闘機) - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・F35は未解決の欠陥が1000近くあって、日本はその内容を把握していないって、ついこないだ国会で野党のだれかが批判してたよね。

・パイロットは危険を伴うお仕事、彼等のお陰で私達は日々平和に暮らすことができることを忘れてはいけない。パイロットの無事を祈ります。

・NHKはこういう大事なニュースの時に、どうしてテレビで「速報」を流さないのだろう。

・青森沖ですから、かなり寒いでしょう。あまりに低い気温、水温だけにパイロットの安否が心配でなりません

・隊員の安否確認が重要!機体に異常があったとかの追及は後!

・この機体は初の国産らしいですが、どこの何に原因があるのか早急に究明して欲しいです。

・ただただ無事ならいいが…

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認