香山リカ 「私は中国の味方。日本に攻めてきてもいいように中国語の勉強をしている」

香山リカさん
あと中国語を習ってて。それも、もし日本が中国に乗っ取られても、私は中国の味方ですって言って生き延びるために(笑)。だって、医学とか見てても中国ってすごい伸びてるし。去年、向こうの首相が北海道に来たとき、「北海道を乗っ取ろうとしている」とかみんな言ってて。もしそうなったときは「私はずっと中国の味方でした」とか、「中国語も話せます」とか言って(笑)。

▼クリックで拡大



香山リカ プロフィール


香山リカは、日本の精神科医、臨床心理士、評論家、リベラル活動家、ピースボート水先案内人。立教大学現代心理学部映像身体学科教授。 「香山リカ」はペンネーム。本名非公開としている。黒縁眼鏡がトレード・マーク。ミュージシャンの中塚圭骸は実弟である。
生年月日: 1960年7月1日 (年齢 58歳)
香山リカ_(精神科医) - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

それにしても笑えない冗談を言う方ですな(^^)

・教授って人格関係ない職業なんだなぁ。確かにいかがわしい教授っていっぱいいるもんなぁ~

・「ずっと中国の見方でした」氏の今までの奇行がま裏付けられた

・あ、これは拡散するとまずいやつですね。気をつけねば。

・攻めてくるわけないなら言葉習う必要ないから、攻めてくるのは既定だと

・香山リカさん将来に備えて北京で開業したら良い。

・中国が見方と見るかは別なのだが、、、

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事