東国原、石野卓球への「バイキング」でのコメントを補足説明「『暗黙の了解』的雰囲気が存する」

▼記事によると…

・東国原英夫(61)が6日、自身のツイッターを更新。電気グルーヴの石野卓球(51)のツイートに対して行ったコメントについて補足した。

・5日放送の「バイキング」で、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された俳優、ピエール瀧被告(51)の話題を取り上げた。そのなかで、石野卓球が「えー!?死刑じゃないの?」「早く瀧に会いたいなー」というツイートを紹介。これについて、東国原は「電気グルーヴのイメージを大切にするというのはわかるんですけど、広く社会の方…電気グルーヴを知らない方たちが見た時に、この人は社会人として大丈夫なのかという目で見られるということを、自覚されているのかなというのは心配になりますよね」と発言していた。

・東国原は、この発言について「何らかの謝罪の言葉があって良いのでは無いか」「今後、ピエール瀧氏の更生や社会復帰を支援する」等のコメントがあって然るべきではないかという立場であると補足

2019.4.6 16:02
https://www.sanspo.com/geino/news/20190406/geo19040616020030-n1.html

↓↓↓

ぜんじろうさんのツイート

石野卓球氏のツイートの件。

東国原氏の “社会人として大丈夫なのか” 発言ですが、麻薬の不祥事くらいで、ここまで騒いで、叩いて、ましてや容疑者でもないメンバーのツイートの中身をあげつらって、正義面でこんなに叩いて商売してる番組を平気でやってるほうが “社会人として大丈夫なのか?”

東国原英夫 プロフィール


東国原 英夫は、日本の政治評論家、タレント、元政治家。第17代宮崎県知事。元衆議院議員
生年月日:1957年9月16日 (年齢 61歳)
東国原英夫 - Wikipedia

ぜんじろう プロフィール


ぜんじろうは、日本のお笑いタレント。本名、金谷 善二郎。 兵庫県姫路市出身。吉本興業所属。兵庫県立姫路南高等学校卒業、大阪芸術大学芸術学部デザイン学科中退。上岡龍太郎の弟子。
生年月日:1968年1月30日 (年齢 51歳)
ぜんじろう - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ついでにコンビの片割れが不祥事起こした時にもう片方が謝罪するっていう流れもなくならないですかね。悪いのは当人。保護者たるプロダクションが謝罪するのはまだしも、なんで相方まで連帯責任追わないかんねんと毎回思ってます。

・麻薬の不祥事くらいって思う人とそうでない人がいるってだけで、双方が正義感披露してることには変わりないのでは?🤭テレビってそういうしょうもない世界ですやん、昔から。

・他人に迷惑かけてるわけじゃないし、僕も麻薬の不祥事くらいと思います。そんなことよりも、もっと周りで起こってる大事なことが沢山あるんだから、正義面するならそういう部分を取り上げて欲しいです。

・他人に迷惑かけてるわけじゃないし、僕も麻薬の不祥事くらいと思います。そんなことよりも、もっと周りで起こってる大事なことが沢山あるんだから、正義面するならそういう部分を取り上げて欲しいです。

・商売て、、外から見たら あんたも一緒やがな。けど 麻薬の不祥事位て、 麻薬で捕まった事もないくせに 偉そうに言わんとき。

・【くらいで】の表現はさておき、同意します。今の日本はおかしい。

・おそらく、その「くらい」の失言で大きなものを失う、そんな世の中になっているのだと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事