元朝日新聞記者「もちろんウラは取れていないが面白い推理。安倍の本命は「安久」や「安永」だったが皇太子が拒否。安倍は仕方なく…」

佐藤章さんのツイート

もちろんウラは取れていないが面白い推理。

安倍の本命は「安久」や「安永」だったが皇太子が拒否。

安倍は仕方なく国学者に救いを求めたが反骨精神のあるこの国学者がすべてを察知。

時の権力者になびかない中国知識人の古典由来の万葉集から「令和」。

千年単位の壮大な皮肉。

佐藤章 プロフィール


慶應義塾大学でジャーナリズム専攻の非常勤講師をしながら、五月書房新社の編集委員会委員長をしています。36年間勤めた朝日新聞社では、経済部やAERA、週刊朝日で記事を書いていました。『ドキュメント金融破綻』(岩波書店)『関西国際空港』(中公新書)『ドストエフスキーの黙示録』(朝日新聞社)などの著書があります。
twitterより

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・安倍さんには興味ないけど、この記事も喜んでリプしてる人も誰が言い始めたか分かんないような安倍が安を推した説とか鵜呑みにしてんのウケる。

・すでに使ってる年号は使わないルールを理解してこの記事書いてるのかな。大丈夫か慶応大学

・面白い!ほんの少しだけ令和に愛着が湧きました。

・推理っていうかこじつけでしょ。面白いのかな。こういう“お話”が独り歩きするとろくなことにならないんじゃない?

・これをドヤ顔で言ってると思うと泣けてくるわ

・面白くないですね。

・推理、ではなくて、妄想、ですね。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認