ミスターラグビー、平尾誠二さん死去 53歳

日本ラグビー史上に残るスター選手として活躍、日本代表の主将、監督も務め「ミスター・ラグビー」と称された神戸製鋼コベルコスティーラーズゼネラルマネジャーの平尾誠二氏が20日、死去した。

53歳だった。

京都市出身。伏見工高(当時)で山口良治監督の下、昭和56年に全国高校ラグビー大会初優勝。荒れた学校の成功物語はテレビドラマ「スクールウォーズ」のモデルとなった。同志社大のラグビー部でも日本一を経験。同大では当時史上初となる大学選手権3連覇に貢献した。昭和61年に神戸製鋼所に入社し、同ラグビー部を7年連続日本一に導く。62年に始まったラグビーワールドカップ(W杯)に選手として3大会連続出場。平成3年の第2回大会ではキャプテンを務め、日本代表初勝利を飾った。

端正な顔立ちで口ひげがトレードマーク。バックスのセンターのポジションで抜群のキャプテンシーを発揮し、日本ラグビーを選手としてけん引した。

後輩で現同志社大学ラグビー部監督の山神孝志さんは「1月のシンポジウムでお会いしたのが最後でした。これからの日本ラグビー界の発展を考えても喪失感は大きいものがあります。心からご冥福をお祈り申し上げます」と話した。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事