有田芳生議員「ヘイトスピーチをする人物は政治家をめざすにはふさわしくない…立憲民主党の基本であり理念だ」

有田芳生さんのツイート

ヘイトスピーチをする人物は政治家をめざすにはふさわしくないという政治文化を広げることが立憲民主党の基本であり理念だということです。

有田芳生 プロフィール


有田 芳生は、日本の政治家、ジャーナリスト、テレビコメンテーター、立憲民主党所属の参議院議員。 父は、政治運動家・労働運動家の有田光雄。
生年月日:1952年2月20日 (年齢 67歳)
有田芳生 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・えーと、どこから突っ込んだらいいのやらw

・朝鮮人・中国人のための政治が立憲民主党の基本理念ですもんね。日本の国会議員なら日本第一で考えてください

・じゃあ、あなたも該当しますよね?

・えっと。釘バットはOKなのね。凄いな。

ヘイト以外に言うことないんだろなぁ

・貴殿は問題発言ばかりし、裁判沙汰も何回も引き起こし、国会議員は元より、全うな人間としても甚だ疑問です。国会議員としての職責を全う出来ないのは確かなのですから、いち早く議員を自ら辞して下さい。それが日本国民全員の願いです。

・貴方も十分ヘイトスピーチしてますよ。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認