ZOZO前澤社長「自社株の9割が担保」「絵画売却」ついに金欠か

▼記事によると…

・総資産2800億円超ともいわれる、株式会社ZOZOの前澤友作・代表取締役社長(43)が築いた「帝国」に暗雲が立ち込めている。

「英国の競売会社・サザビーズが、4月1日に香港で開催するオークションに、前澤友作社長が所有しているという美術品が複数出品されるという情報が、話題になっていました」(経済部記者)

・現代アーティストのジョージ・コンドの絵画や、正体不明のアーティスト・バンクシーの作品など……いずれも億円単位で取引される代物

・金欠疑惑だ。美術品、スーパーカーについてZOZOの広報部に確認すると、「個人の資産、活動に関することでございますので、会社としての回答はいたしかねます」と回答があった。

・2018年7月には、一時4875円をつけたZOZO株だが、2019年2月には1000円台に。

4/2(火) 11:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190402-00010002-flash-ent

前澤友作 プロフィール


前澤友作は日本の実業家。ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するZOZOの創業者であり、代表取締役社長である。また、現代アートの普及活動及びアーティストの活動支援を目的とした公益財団法人 現代芸術振興財団の会長。血液型O型。
生年月日: 1975年11月22日 (年齢 43歳)
前澤友作 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・どう見てもあれであの支出は異常だもんな

・最期にせめて宇宙に行ってみたいんだろ その後はなんやかんやでホリエモン的な感じになる

・剛力すげーな

・剛力は逃げたか

・なんかムカついてゾゾで買わなくなったわ

・こんなんで球団持とうとしてたんだから面白い

・前澤氏が無一文になった時、剛力さんの真価が問われる

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認