「ジャーナリズムのあるべき姿とは?」元TBS・杉尾秀哉議員のNHK・上田会長への質問に、ネット『究極の茶番』『まずは自身に問いかけて』

雨雲さんのツイート

かつてオウムによる坂本弁護士一家惨殺を招いたTBSに所属し、自らは松本サリン事件で冤罪によるメディアリンチの先頭に立っていた杉尾議員(立憲)が、反日番組や中韓アゲ番組を量産する金満NHKに対して、「ジャーナリズムのあるべき姿とは?」と問うています。
何だこれ?

杉尾秀哉 プロフィール


杉尾秀哉は、日本の政治家、ジャーナリスト。立憲民主党所属の参議院議員、立憲民主党機関紙・報道局長。元TBSテレビ報道局記者、解説委員。
生年月日: 1957年9月30日 (年齢 61歳)
杉尾秀哉 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・究極の茶番。

・何だこれ?と言われたら「茶番」としか…

・笑える😁

・これを人は『茶番』と呼ぶ

・今週の お前が言うな のお時間ですか?

・どの口が言うてんねんって話

・まずは自身に問いかけて下さい。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認