【尖閣諸島・竹島】琉球新報「中国、韓国がそれぞれ自国の領土と主張し、双方の言い分がある。一方的に主張しても解決しない」

<社説>「固有の領土」明記 教育の政治化を避けよ

▼記事によると…

・文部科学省が2020年度から使われる小学校教科書の検定結果を発表した。

・小学校5年用、6年用の社会の全6点で、沖縄県に属する尖閣諸島(石垣市)と竹島(島根県)を初めて日本の「固有の領土」と明記した。

・尖閣諸島も竹島も、中国、韓国がそれぞれ自国の「固有の領土」と主張している。尖閣には領海や接続水域への中国船の侵入が繰り返されている。今回の検定で、韓国外務省がすぐに駐韓日本大使を呼んで抗議した。

何をもって「固有の領土」とするのかには双方の言い分があり、一方的に主張しても解決しない。そのような現実を小学校の学びの場でどう伝えるのか、現場の努力が求められる。そして、排外主義につながる教育にならないよう警戒が必要だ。

2019年3月27日 06:01
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-894426.html

教科用図書検定


教科用図書検定(きょうかようとしょけんてい)とは、小学校・中学校・中等教育学校・高等学校並びに特別支援学校の小学部・中学部・高等部で使用される教科用図書(教科書)の内容が教科用図書検定基準に適合するかどうかを文部科学大臣(文部科学省)が検定する制度のことで(学校教育法第21条・第40条・第51条・第51条の9第1項・第76条・第107条など)、行政処分に当たる。教科書検定(きょうかしょけんてい)とも呼ばれる
教科用図書検定 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・アンタら中国、韓国の狗?

・本当のこと教えて何が悪い?

・もうこの新聞社は信じない。同じ日本人が書いてるとは思えない内容。

・日本の言い分を無視してる琉球新報 がなんだって?正体ぐらい隠しとけよマ○ケ

・中国か韓国の記事を翻訳したのかな?

・沖縄県は日本と違う教育でもしてんのか?これ異常だろ

・でも日本の言い分は聞きません

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認