捕鯨について

中田宏
全人類がとってる魚の5倍、鯨は食べてる。つまり環境保護に全くなってない

須田慎一郎
カナダのイヌイットは絶滅寸前のイッカクをバカスカとりまくっても問題になってない

IMALU
何で日本がバッシングされるの?

中田宏
人種差別


9

ちぢれ麺さんのツイート

中田宏 プロフィール


中田 宏は、日本の政治家。 神奈川県横浜市長、日本創新党代表幹事、大阪府大阪市特別顧問、衆議院議員などを歴任した。シンクタンク「日本の構造研究所」代表。一般社団法人空き家バンク推進機構理事。青山学院大学学長アドバイザー、青山学院大学大学院国際マネージメント研究科評議委員。岡山理科大学客員教授。
生年月日:1964年9月20日 (年齢 54歳)
中田宏 - Wikipedia

中野雅至 プロフィール


中野 雅至は、日本の労働官僚、行政学者。学位は博士。兵庫県立大学大学院応用情報科学研究科教授を経て、2014年4月から神戸学院大学現代社会学部教授。
生年月日:1964年 (年齢 55歳)
中野雅至 - Wikipedia

須田慎一郎 プロフィール


須田 慎一郎は、日本のジャーナリスト。
生年月日:1961年8月26日 (年齢 57歳)
須田慎一郎 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・隣の韓国も取ってるぞ!!アメリカだって捕鯨国

・めっちゃ的確な指摘っすね、二分もないのに

・ 捕鯨禁止されてなかったら今日までの流通システムの変遷によってクジラも日本全体に染み渡ったんじゃないの?

・少なくとも日本人を甘く見てるのは間違いないし白人の有色人種への差別は根深いですからこの件も多少はそういう部分もあるのかも知れないと思ってしまいます。捕鯨国で日本が集中砲火を浴びていますし、捕鯨の妨害を受けたりも日本をターゲットにやっていますから。

・中野ってこんな奴だったんだね、メージ急落しましたわ。我こそが正義だ、の思考が強い官僚脳の人だったとは。現場を知らずとも自分の主張が正しいと強弁できる残念な人

・人種差別ってか日本困らした方が金になるって事商売ですからね。保護される側もする方も駅でみる犬猫保護寄付団体も大本のペットショップは批判はしていないし、からくりはそこです

・IMALUの質問に中田宏氏「人種差別」これで充分伝わる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認