日本政府、韓国への対抗措置に「TPP加入拒否も」

韓国への対抗措置に一つずつ言及する日本…「TPP加入拒否も」

▼記事によると…

・産経新聞は22日、韓国がTPP加入を希望する場合、日本政府はこれを拒否することを検討していると報じた。

・日本政府は「日本企業に実質的な被害が発生する場合」という前題で、韓国に「対抗措置」を取るという立場を何度も言及してきた。

・日本が最近検討中の「対抗措置」は、世界貿易機関(WTO)体制に触れない案が中心という。

関税引き上げや特定物品の輸入中断は韓国によるWTO提訴の可能性などさらなる論争が憂慮され、「国際法秩序」を強調する日本の立場とも矛盾する側面がある。

実際、日本の政界・財界で有事の際に韓国に通貨スワップ支援をしない案などが浮上している理由だ。

2019年03月22日13時54分
https://japanese.joins.com/article/581/251581.html

環太平洋パートナーシップ協定


環太平洋パートナーシップ協定は、環太平洋地域の国々による経済の自由化を目的とした多角的な経済連携協定 である。 2016年1月26日に条文が公開され、参加12ヵ国が2月4日に署名した。米国離脱後、CPTPPと区別する必要がある場合は「TPP12」と通称されている。
環太平洋パートナーシップ協定 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・これは安倍ちゃんGJ

・「嘘つきはTPPに必要ない」とか声明出してくれねぇかなぁ

・韓国に被害ゼロ。笑参加できないこと自体に、新たな損害を与えることじゃない。むしろ、日本は拒否が他の加盟国からどう思われるか考えるべきだな。

・身勝手に国同士の取り決めを一方的に反故にする国など日本じゃなくても拒否するだろw

・当然のことなのによかったと安心すること自体ちょっと疑問もあるがとにかくよかった

・対抗措置とかいうより、普通に約束守れないから嫌だろ。

・まさしく「戦略的無視」

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認