生息精査、国に求める 漁協、保護団体 ジュゴンの痛々しい姿に「残念」

▼記事によると…

・ジュゴンの死骸が漂着して一夜明けた19日、死骸が保管されている今帰仁村の運天漁港には漁業関係者をはじめ村や県の担当者、研究者らが集まり、ジュゴンの様子を確認した。

・ジュゴンは18日夕方の漂着後、漁協関係者らの手で冷蔵されていた。19日正午ごろ、関係者や報道陣などに公開された死骸のジュゴンは皮膚が傷つき、出血もある痛々しい姿をあらわにした。

・ジュゴンネットワーク沖縄の細川太郎事務局長も死骸を確認した。死骸を見る限りでは死につながるような傷などは確認できなかったという。

2019年3月20日 06:00
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-891157.html

ジュゴン


ジュゴンは、カイギュウ目ジュゴン科ジュゴン属に分類される哺乳類。本種のみでジュゴン属を構成し、現生種では本種のみでジュゴン科を構成する。
ジュゴン - Wikipedia

▼関連ツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・どうにも不自然なんだよなあ

・まだあと一緒にいた2匹も行方不明なんだってな

・なんか刺したような跡あるよね

・ぶっちゃけジュゴンを守れっていうならトキと同じなんだ。残り個体が数体になった時点で「捕獲して外国からジュゴンもらってきて子供産ませる」しかない。でもそんな話は基地反対派からまったくでてないのでジュゴンを守る気なんてそもそもないんだろう。

・外国人としての素朴な疑問。動物死んだと騒ぐ人たちは、自国民が拉致され遺骨になって帰った時はどんな反応をしたの?🤔当然、ジュゴンの死より悲しんで、騒いだよね?😳

・安倍首相は「残念だ」と応じたが、工事を中止するそぶりはない。…罪深いよなぁ😡

・強引な埋め立ては、もう止めて!💢

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート(ランダム)&結果を見る