高校教諭「お前はヒトラーのよう」 生徒に不適切発言

▼記事によると…

・松江南高校は、男性教諭(62)が教育学部志望の男子生徒(19)に対し、「お前はヒトラーのよう」「教わる子どもがかわいそう」などと発言したと明らかにした。

・発言は浪人生が通う補習科の英語の授業で教諭が雑談で「三角関数や確率は必要なものか」と問い、生徒が「実生活では必要ない」と答えたところ、問題の発言をしたという。

・男性教諭は発言を認め、「多様性を認めず、単純化する考えはヒトラーのようで危険だと思った」と説明。「進路のことを否定し傷つけてしまって申し訳ない」と話しているという。

2019年3月20日 16時34分
http://news.livedoor.com/article/detail/16189854/

アドルフ・ヒトラー プロフィール


アドルフ・ヒトラーは、ドイツの政治家。ドイツ国首相、および国家元首であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党の指導者。 1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による一極集中独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる。
生年月日:1889年4月20日
死亡:1945年4月30日,ドイツ ベルリン
アドルフ・ヒトラー - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・逆にどんな生徒なのか気になる😓

・先生も大変だな

・そんなん言われてショックだったって…そんなガラスのメンタルじゃ教師やっていけないだろ……

・こんなことでニュースになるのか、、、、文脈が知りたい。

・そんなこと言ったら、今度はヒトラーがかわいそうとか言われそう🙃

・んー。ヒトラーは三角関数も確率も必要だと考えていたと思うぞ。じゃなきゃ、当時最先端の兵器を作る優秀な科学者を集められるわけがない。

・まぁ「ヒトラーのよう」は言い過ぎだとは思うが、「三角関数や確率は必要ない」と主張する教師志望のこの生徒、教職者に向いてないと思われ…

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認