日本の年金生活者が刑務所に入りたがる理由

▼記事によると…

・日本で高齢者の犯罪が止まらない。65歳を超えた層による犯罪の比率はこの20年、上昇の一途をたどってきた

・タカタ・トシオ氏(69)が罪を犯したのは貧しかったから。たとえ塀の中でもいい、ただで住める場所が欲しかったと

・刑務所ならただで住めそうだと思いつき、自転車を拝借して警察まで乗って行き、警察官に『ほら、こいつを盗んできた』と話した

・62歳での初犯でも日本の法廷では軽微な盗みも厳しく罰せられる。こんな罪でも1年の刑が言い渡された

・最初の刑を終えて出所した後、公園に行って刃物を見せて脅した

・タカタ氏はここ8年間のうち、合わせて半分を刑務所で過ごした。刑務所にいるのが好きなのかと尋ねると、金銭的に都合のいいことがもうひとつあると言う。それは、服役中も年金の支給は続くということだ

2019年03月18日
https://www.bbc.com/japanese/47453931

刑務所


刑務所は、法令に違反し、裁判の結果、刑罰に服することとなった者を収監する刑事施設である。
刑務所 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・事実を並べて変な結論に結びつけてる。あほくさい

・逮捕やら裁判やら刑務所やらに使うよりは最初から困窮者に金を渡したほうが税金の節約になるはずだが、多くの人は納得しないのだろうな。みんな他人が罰せられるのが好きだから

・刑務所に入ってる間は生活費が0円な上に年金の支給は止まらず貯金が溜まっていくから「1年ムショ、1年シャバ」のペースでブチこまれれば年金だけで問題なく暮らせるとかいう貧困ジジババライフハック超やべえ

・非常に考えさせられる話だよね…

・年金や生活保護制度を充実させないと、この犯罪は、いつまでも、続くであろう。防衛費より社会福祉の充実が大事です。

・考えさせられる。日本でこういう報道はあるのか。年金だけだと必ず赤字になる。数百円のものを盗むと懲役1年、2回目なら懲役2年。国は840万円の税金を使う。犯罪は経済的に合理的な行動に。社会保障の方が断然安い。

・すごいことになっているな、日本。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認