(朝鮮日報日本語版) 韓国軍の地対空ミサイル、整備中に誤発射事故

▼記事によると…

・18日午前10時38分ごろ、江原道・春川の韓国空軍部隊で整備中の中距離地対空ミサイル「天弓」が誤作動で発射され、空中で爆発した。韓国空軍によると、天弓は、非正常発射の際には安全のため自ら爆発するよう設計されている。

3/18(月) 13:49配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00080113-chosun-kr

春川市


春川市は、大韓民国江原道の道庁所在地。面積1,116.35平方キロ。『冬のソナタ』のロケ地として知られるほか、タッカルビが名物料理として知られる。
春川市 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・え、安全装置は・・・

・さすがはお笑い軍。マンホールに嵌まったり、水没したり、誤発射したり笑いに事欠かないな(笑)

・あちゃらの兵器は以前からまともに機能しないようで🤷‍♂️

・兵器に詳しくないけど、ミサイルって、整備中に間違って何処かを押したくらいで発射するものなの?

・朝〇新聞「一発だけなら誤射かも知れない」

・春川市って北朝鮮にかなり近いやんけww

・米朝交渉決裂した今のタイミングでやらかすあたりが実に韓国

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認