【コラム】日本も中国粒子状物質で苦痛を強いられている

▼記事によると…

・中国発大気汚染が韓国の粒子状物質でどれくらい占めるかをめぐり主張が入り乱れている。中国の影響は年平均30~50%で、高濃度の時は60~80%という政府の説明が過大包装されたという指摘もある。それなら日本はどうだろうか。

日本でも1990年代は中国発の亜硫酸ガスが、2000年代初期には黄砂が、2000年代後半にはオゾン汚染が、最近では中国発PM2.5(微小粒子状物質)が問題になっている。2013年1月、中国北京などでPM2.5の濃度が高まると日本でも懸念の声が相次いだ。

当時日本研究チームの分析の結果、九州地方はPM2.5の61%、中国四国地方は59%、近畿地方は55%が中国から飛来したものだった。西日本地方のPM2.5は半分以上が中国発だった。反面、東京など関東地方の場合、中国発は39%だった。夏を除けば韓半島(朝鮮半島)からのものも約10%程度占めた。

・東アジアは中国の排出量が絶対的だ。中国から画期的な縮小成果が出てこなければ、韓国や日本が中国発汚染物質から抜け出すことは容易ではない。結局「呼吸共同体」である韓日中3カ国が共に技術・資金・政策・情報・人材を集めたり分けたりながら、中国の変化を引き出すしかないということだ。

2019年03月18日09時27分
https://japanese.joins.com/article/358/251358.html

「PM2.5」による大気汚染 健康に及ぼす影響と日常生活における注意点


PM2.5は、大気中に浮遊している直径2.5μm(1μm(マイクロメートル)=1mmの1000分の1)以下の非常に小さな粒子です。PMとは「Particulate Matter(粒子状物質)」の頭文字をとったもので、工場や自動車、船舶、航空機などから排出されたばい煙や粉じん、硫黄酸化物(SOx)などの大気汚染の原因となる粒子状の物質のことです。PM2.5は、粒子の大きさが非常に小さいため、肺の奥深くにまで入り込みやすく、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系疾患や循環器系疾患などのリスクを上昇させると考えられます。特に呼吸器系や循環器系の病気をもつ人、お年寄りや子どもなどは影響を受けやすいと考えられるので、注意が必要です。
政府広報オンライン

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・韓中でやってくれ

・今まで日本はこういうのに金出して来たんだぜ!

・むしろ偏西風でこっちに来るんだから、損害賠償請求したいところだが。中国より韓国の数値が高い点で、中国だけが発生源じゃないだろ。

・反日と用日を使い分ける韓国。いい加減にしろ💢

・中国なんてコストダウンの為にろ過装置稼働させない国だよ。以前、技術支援してもそう言って稼働させなかった。空気綺麗になる訳が無いです。

・絶対これ、日本の工場から出てるから日本にも責任がある!っとパターンじゃないかw

・呼吸共同体ってw

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認