【現場から、】「消えた留学生」、東京福祉大の700人所在不明に

▼記事によると…

・留学生の在籍数が国内トップクラスの東京福祉大学で、1年間におよそ700人もの留学生が所在不明となっていることが、JNNの取材で分かりました。これほど多くの留学生が所在不明となるのは極めて異例で、文部科学省と法務省は近く本格的な調査に乗り出す方針です。

・東京福祉大学は、東京・池袋や群馬県伊勢崎市などにキャンパスを持ち、早稲田大学に次ぐおよそ5000人の留学生が在籍しています。ところが、JNNが、内部文書を入手し調べたところ、去年4月、「研究生」という資格で入学したベトナム、ネパールなどからのおよそ2700人の留学生のうち、700人近くが所在不明となり、大学から除籍されていたことがわかりました。

3/15(金) 13:45
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6317158

東京福祉大学


東京福祉大学は、群馬県伊勢崎市山王町2020-1に本部を置く日本の私立大学である。2000年に設置された。大学の略称は東京福祉。
東京福祉大学 - Wikipedia

▼動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本に簡単に入国させる手伝いしただけやないか

・警視庁による捜査じゃなく、文科省・法務省による調査なの⁉️

・目的が留学じゃなかったんだろうな…

・こんなの不法移民斡旋じゃん。

・即座に学校資格の取り消しを。行方不明者は破壊工作予備人員として全員の捜索を。当局の対応が緩過ぎ。

・週一くらいでビザ確認する制度を作って、未確認なら即無効にしよう。とっ捕まえて罰金の上、強制送還。身元引受人いなければ入管お得意の無期限拘留。

・就学ビザできて違法就労してるぱたーんね。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事