“カビだらけ”食材に保護者怒り 「食の安全」強化のはずが... 中国

▼記事によると…

・学校の食堂で使われていたのは、カビだらけの食材。中国で、保護者が猛抗議する騒ぎになっている。

・問題となっているのは、学校の食堂で使われた食材の肉。カビが生えたり、腐ったりしているという。

問題となった中学校の生徒は、「おかゆの中にたくさん腐った肉が入っていた」、「ゾンビ肉だよ、食べたい?」などと話した。

騒動のきっかけは、3月12日、中学校の食堂で、保護者がカビだらけのハンバーグや腐った食材を発見したこと。以前から、腹痛や体調不良を訴える生徒が続出していた。

映像がネット上に投稿されると、一気に拡散。保護者たちが、中学校に詰めかけ、抗議する騒ぎとなった。多くの保護者が集まり、周辺の交通がまひするなどしたため、警察が出動。催涙スプレーなどを使って鎮圧に乗り出し、保護者12人が一時連行された。

3/14(木) 18:17
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190314-00414135-fnn-int

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
中華人民共和国 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・いたるところで人が災害をしています!

・逞しい国民、ゴイスーです

・もう何も信じられない恐ろしい国です。この国から来る食材がどんなものか、推して知るべし。

・こういう感覚の民族が世界中のチャイナタウンで料理作っ…!

・自国民に対してもこれなんだから、他国へ輸出してるものなんざ、考えただけで恐ろしい。買わんとこ。

・こんな腐ったものどこから仕入れてくる?中国産はギョーザ事件以来使っていません!

・いつの時代のお話ですか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事