立憲・小川淳也議員がNHKの「政権寄り」報道を批判 → NHK「指摘は真摯に受けとめる」

NHK、野党の「政権寄り」批判に「真摯に受け止める」

▼記事によると…

・新年度予算案の衆院通過をめぐる与野党の攻防があった3月1日のNHK報道について、立憲民主党会派の小川淳也氏が14日の衆院総務委員会で「野党の主張を報道の骨子に取り入れてない。政権与党に都合のいいことを言う(報道)という批判がある」と指摘した。

NHK幹部は最終的に「指摘は真摯(しんし)に受けとめる」と応じた。

・小川氏が問題視したのは1日の「ニュースウオッチ9」。

・今回のNHK報道をめぐっては、安倍政権幹部の質問に答えずに論点をずらす答弁手法を「ご飯論法」と指摘した上西充子法政大教授がネットメディアで「悪意ある切り取り編集」と紹介。総務委で木田氏は1~13日にこの放送内容について170件の意見が届いたと明かした。

2019年3月14日20時54分
https://www.asahi.com/articles/ASM3G53PKM3GUTFK01C.html

小川淳也 プロフィール


小川 淳也は、日本の政治家、自治・総務官僚。衆議院議員。元総務大臣政務官。立憲民主党幹事長特別補佐、および立憲民主党香川県連合顧問。
生年月日:1971年4月18日 (年齢 47歳)
小川淳也 - Wikipedia

▼動画を見る

関連動画

▼関連ツイート

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・は?お仲間でコントやるなよ

・これこそ、報道への圧力だろ

・茶番だなwwwてか、こんな事してる局の電波は受信するに値しませんな。受信料返せ。

・NHKラジオは放送法違反の偏向報道で政権批判やりまくり

・NHKが必要ないことは明らかだろ、国民の選択のないとこに民主主義も公正さも生まれないわな。

・やれ政治介入だだの、やれ報道の自由がだの同胞相手だと激高しないんだな

・野党の悪事をもっと特集しろってこと?

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認