韓国への報復措置

恵泉女学園大学・李泳采准教授
日本も韓国も報復措置は取れない。威嚇用だけ

自民党・新藤義孝政調会長代理
高を括らない方がいい。必ずやりますよ。それができなければ国の存立が問われる

武藤正敏・元駐韓国特命全権大使
「甘えがきかない状況になってきてる」

Mi2さんのツイート

李泳采 プロフィール


職名:准教授
担当科目:平和研究入門、国際人権論、現代韓国朝鮮論、東アジアFS
専門分野:日韓、日朝関係、国際政治、地域政治、市民交流、韓流
恵泉女学園大学

新藤義孝 プロフィール


新藤義孝は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自民党埼玉県連会長。総務大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣等を歴任。母方の祖父は、硫黄島の戦いにおける日本軍守備隊最高指揮官の栗林忠道陸軍大将である。
生年月日: 1958年1月20日 (年齢 61歳)
新藤義孝 - Wikipedia

武藤正敏 プロフィール


武藤正敏は、日本の元外交官。元在大韓民国特命全権大使。現在は外交経済評論家、三菱重工業株式会社顧問。
生年月日: 1948年12月18日 (年齢 70歳)
武藤正敏 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ただ、日本側が我慢しているだけ。

・国の存立なら、もう散々問われてませんか?今更?

・やらねば国民からの信用なくなる。どこぞの国は知らんけど。

・韓国人って「どうせ制裁はない」って必死だよね。

・新藤氏の意見は正しい!損得の問題ではありません!ルールを守らない国とは損があっても付き合ってはいけない!未来にもっと大損する事になる!

・韓国に甘いこと言ってる韓国人は信用できない。

・報復措置は、多少日本にも影響は出るが、今後の韓国の反日行動を抑制するには必要。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事