保育士大量退職へ... 東京・中央区の認可保育園に何が起きたのか

▼記事によると…

・東京都中央区の認可保育園で、保育士が2019年3月以降に大量退職することが分かった。

運営が変わって給与ダウンや人手不足に不満があったというが、区では、J-CASTニュースの取材に対し、「不安を持っている保護者が納得できる案を考えてほしい」と運営側に強く申し入れたことを明らかにした。

・同園の保育士は、現在の18人のうち13人が3月以降に順次退職する予定。看護師や調理員も含めた30人では、16人が退職する見込みになっている。

退職の理由としては、給与がダウンするなど待遇悪化が進んだり、人手不足で長時間労働が続いたりしたと不満があったことだという。このほかに、もともと3月末で退職する予定だった保育士もいた。

2019年3月13日 19時45分
http://news.livedoor.com/article/detail/16155061/

保育士


保育士は、一般に保育所など児童福祉施設において子供の保育を行う者。日本の国家資格の一つである。 学歴によっては保育士と幼稚園教諭免許状の、双方の国家資格・教育職員免許状を取得することも可能である。保育士の単一資格者は後にオプションとして、幼稚園教諭免許状の教育職員免許状取得を目指す者も多い。
保育士 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・重労働低賃金っておかしくね?

・身体と精神を壊す前に退職選んだのは正当防衛では?むしろ今、風当たり強くてさいなまれているでしょうに……。

・安月給、長時間拘束、低待遇やりがいだけでは生きていけないんだよ

・ほんまヤバイ世界らしいな…

・払うべきものを払ってないから皆、辞めて行くんでしょう。今更、何言っちゃってんの?

・人手不足は経営者の努力不足…結局、国・政治家もそうだけど自分の事しか考えてない…いつも困るのは前線で戦う下っ端。

・人いないのに給料下がったらそらやめるやろ

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認