韓国企業、日本とフィリピン結ぶ海底ケーブル設置事業受注

▼記事によると…

・KTサブマリンは11日、米海底ネットワーク建設とメンテナンス専門企業のサブコムが発注したジュピタープロジェクトで90億ウォン(約8億8171万円)規模の海底ケーブル設置工事を受注したと明らかにした。

ジュピタープロジェクトは米カリフォルニア州と日本、フィリピンを結ぶ海底ネットワーク構築事業だ。このプロジェクトで構築される海底ケーブルは全長1万4600キロメートルだ。

KTサブマリンはジュピタープロジェクトでフィリピンと日本をつなぐ約5600キロメートルの海底ケーブル設置を担当する。本格的な海底ケーブル設置作業は今年7-9月期から始まり10-12月期まで進められる予定だ。

2019年03月12日07時21分
https://japanese.joins.com/article/118/251118.html

海底ケーブル


海底ケーブルとは、海底に敷設または埋設された電力用または通信用の伝送路一般を指す。ここでは主に通信用ケーブルについて述べる。電力用は概要のみとなっている。
海底ケーブル - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・記事をそのまま読めばただの「設置」

・海底ケーブルってずいぶん安く引けるんだな

・ケーブルに仕込んで情報抜いたのを中国に買ってもらうんだろ。

・いや、ダメだろ。何で世界は学習しないのか。

・安すぎない?二桁まちがってない? 大丈夫なんか?

・かまなきゃ何も生まれない。かめれば詐欺でも嘘でもとりあえず金になる。って感じだろうなw

・嫌な予感しかしない

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事