教科書に掲載された「徴用労働者」の写真は、朝鮮人ではなく、日本の労働者の写真

▼記事によると…

・日本統治(日帝)の時代に徴用で連れて行かれた朝鮮人たちの写真で広く知られ国史教科書まで掲載された写真が、実際には日本人たちの写真という主張が提起された。

問題の写真は、2009~2014年使用された韓国史検認定教科書や国史教科書に「徴用労働者」と載っている写真である。この写真は今年小学校5-6学年群社会の教科書にも「強制労働に動員された私たちの民族」という説明と共に載っている。

▼クリックで拡大

・ソウル龍山駅の前に建立された徴用労働者さんもこの写真をモチーフにしたことが知られている。

・しかし、この写真の中の労働者は、1926年北海道の土木工事現場で悪徳事業主に酷使され警察に救出された日本人労働者であることが明らかになった。1926年9月9日北海道で発行する「旭川新聞」に掲載された「北海道土木工事現場で虐待受ける人」という題の記事についている写真だという。

・イオヨン落星経済研究所研究委員と宇田東植地域平等の市民連帯代表は3月12日、「第3の道」に掲載された「強制徴用写真、今の歪みはやめよう」という文で、「実際に私の写真の撮られた人たちは皆、日本人であり、日本の帝国主義の公権力とも無関係な事件だった」と明らかにした。

・二人は「問題は、この写真が高校の必須科目である韓国史のすべての教科書に掲載されたという点」とし「今は小学生の教科書にも載って反日種注意洗脳教育のために利用しようとする」と批判した。

2019.03.12(韓国語)
http://monthly.chosun.com/client/mdaily/daily_view.asp?Idx=6408&Newsnumb=2019036408

徴用


徴用とは、戦時などの非常時に、国家が国民を強制的に動員して、一定の仕事に就かせること、また、物品を強制的に取り立てること。占領地住民に対する徴用・徴発についてはハーグ陸戦条約に規定があり、正当な対価のない徴用・徴発は禁じられている。
徴用 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・韓国政府は当然この銅像を撤去するんですよね?

・何年思い込みで嘘を教えてきたのか。っていうか韓国メディアがこんなこというのは、謝りもせず間違ってましたで済ませようとしてるんだろうか?

・歴史良く調べてから、やれよ。像は重いし、動かすの大変だよ

・これは像を撤去するか、もしくは「これも日本が悪いニダ!」と発狂して終わるかだな。

・バラしちゃっていいのかよっ!

・親日精算で銅像と教科書を撤去しなくてはね~ぇ

・拝んでええんやで?(ニッコリ)

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認