竹下隆一郎さんのツイート

すごぐ誤解がある言い方だけど、文章の書き出しに困った時は「悪口」から始めると良い。

遠慮はいらない。

怒りが勢いになり、スラスラ書ける。

筆が乗ってきたら悪口の部分を全消してトーンを整える。

ポジティブさを加える。あとは最後まで書くだけだ。

これを「文章ブースター」と私は呼ぶ。

ハフィントン・ポスト


ハフポストは、アメリカ合衆国のリベラル系オンラインメディアである。「ハフポスト日本版」は朝日新聞社との合弁事業で行われており、執筆は朝日新聞が担当している。2017年4月にThe Huffington PostからHuffPostへ改称された。
CEO: ジャリッド・グラスト (2015年–)
ハフィントン・ポスト - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・人、それを欺瞞という。

・これって、ジャーナリズムなの?

・いくら後で消すとはいえ基礎が悪口で構成された文章ならば、行間に目に写らない悪口が残ってしまわないものだろうか

・竹下くんいいこというね!

・悪口から書き始めるとスラスラ書けるのはよくわかります。

・フェイクニュースの書き方講座乙。「すごぐ」納得しました。

・正直で悪気の無い方なのは伝わってきました。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事