韓国への報復措置例示

衆・財務金融委。

日本維新の会・丸山穂高
一連の韓国側の対応に対して、言うだけじゃなくて具体的に出していくタイミングだと思う

麻生太郎財務大臣
関税に限らず、送金の停止、ビザの発給停止とかいろんな報復措置があろうかと思う。色んなことを考えている

Mi2さんのツイート

丸山穂高 プロフィール


丸山 穂高は、日本の元経産官僚、政治家。衆議院議員。
生年月日:1984年1月10日 (年齢 35歳)
丸山穂高 - Wikipedia

麻生太郎 プロフィール


麻生 太郎は、日本の政治家、実業家。財務大臣、副総理、内閣府特命担当大臣、デフレ脱却担当、志公会会長、自民党たばこ議員連盟顧問。
生年月日:1940年9月20日 (年齢 77歳)
生まれ:福岡県 飯塚市
麻生太郎 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・早くやってくれ。遅すぎるから

・言ってから実行すると、国内で暴れ出す者が居るので、1日に7、8項目ずつこっそりやって下さい。

・関税よりも送金とビザ発給停止を即差し押さえ報復として無期限で設けるべき

・財務大臣が言ったのは今までとはちょっと違う。

・色んな事を考えているのならもう実行していいんですよ。少なくとも民間企業じゃ決めた事はすぐに行動が当たり前。国がチンタラしてる場合ではない。お願いしますよ閣下。

・考えているだけ?w

・我慢の限界越えてるし……もう上手くやって行く気、更々無いし……早く始めて❗

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事