『派遣社員の女が妊娠した。不良品なので返品できますよね?』非正規雇用で貧困に苦しむ中年フリーターたち…

「不良品を返品したい」非正規雇用で貧困に苦しむ中年フリーターたち

▼記事によると…

・労働ジャーナリストの小林美希氏に中年フリーターの実態や人材派遣会社、中年フリーターへの対策について話を聞いた。

・――手取りで20万円を切るとなると、仮に非正規同士で結婚した場合、妊娠、出産するのは難しいですね。

小林:20~40代の女性の約半数は非正規雇用です。もし妊娠して、つわりが激しくなれば休まなければならないですし、無理に働けば流産や早産につながる可能性がある。非正規同士が結婚した場合、結婚はできても、子どもを持つことは非常に難しいのが現状です。

――非正規で妊娠した場合、どのような生活になるのでしょうか?

小林:派遣労働者の取材をはじめた当初から取材している女性は、派遣社員で妊娠を会社に伝えたところ、「明日から来なくていい」と事実上、解雇されました。妊娠解雇です。彼女は納得がいかず労働組合とともに会社側と争いましたが、会社側は妊娠中の彼女に月100時間の残業を前提に契約満了まで雇うというとんでもない条件を出しました。

また、彼女が妊娠を派遣先の会社へ伝えた際に、会社は派遣会社に「不良品をとっとと返品したい」と言っていたそうです。当時、派遣労働者の人件費は物品費に計上されることが問題視されたように、人件費率を下げたい企業側は、派遣労働者を雇うことで決算上、人件費が少なくなっているように見せていたのです。

3/9(土) 12:11
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190309-00010000-wedge-soci

小林美希 プロフィール


小林 美希は、日本のジャーナリスト。専門分野は労働・経済。 茨城県生まれ。茨城県立水戸第一高等学校卒、1998年明治学院大学法学部より神戸大学法学部法律学科に3年次編入学として転学、2000年卒業、株式新聞社に入る。2001年毎日新聞社「エコノミスト」編集部契約社員。2007年よりフリージャーナリスト。
生年月日:1975年 (年齢 44歳)
小林美希 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・派遣切りも一緒。派遣元の問題なのに派遣先の企業を叩く。彼らの主張は、派遣会社に絶えず仕事を依頼しろと言っている。

・企業は高い金払ってんだから当然

・休職=退職なのが非正規雇用の現実

・派遣は非正規雇用じゃないから別要員派遣してもらえばいいだけ。派遣契約は派遣元が責任を持って仕事のできる人を提供する義務がある。

・これからいっぱい外人がやって来るしさらにこんな事件が増えるの待ったなしなんだよなw

・派遣先が保障するようなもんじゃねぇだろ。もしも金出してやるんなら派遣元がやるべき。

・就職氷河期でなんとか頑張って仕事探してる人を無視して、国が非正規制度をがんがん進めてった結果だろ。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認