元女子勤労挺身隊訴訟、韓国から原告2人が来日「心を合わせて支援して」「過ちをいつまで残していくつもりなのか。謝罪と賠償をしてほしい」

元女子勤労挺身隊訴訟 原告2人が来日 名古屋の報告集会に参加

▼記事によると…

・日本の植民地時代に名古屋市の軍需工場で強制労働させられたとして、三菱重工業を相手取り、韓国で損害賠償請求訴訟を起こした元女子勤労挺身(ていしん)隊の女性ら原告2人が10日、同市で開催された報告集会に参加した。

・元挺身隊員で原告の梁錦徳(ヤン・クムドク)さん(89)は「高齢で、明日死ぬか来年死ぬかわからない。心を合わせて支援してください」と訴えた。挺身隊員の遺族で原告の李敬子(イ・キョンジャ)さん(76)は「過ちをいつまで残していくつもりなのか。謝罪と賠償をしてほしい」と話した。

2019年3月10日 19時45分
https://mainichi.jp/articles/20190310/k00/00m/030/128000c

三菱重工業


三菱重工業株式会社は、三菱グループの三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。
三菱重工業 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・韓国政府に言え

・時効ですね

・まーたはじまった

・韓国人に騙されたなら仕方ない

・無休だったのにどうやって生活してたの?

・てめーの国の政府に言えよ。もう賠償金は払ったんだよ

・で「誰」が騙した?誰と問われて「日本」と返すようならただの反日教の教義でしかないぞ

・そもそもどういう契約で働いたのかちゃんと言えるのかこいつらは。それがわからないなら話にならんぞ

・日本からどうやって韓国に帰れたんだよ?無給で金もないのに船に乗れたのか?

・韓国政府がガメた金を日本に請求するのは筋違い

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認