和牛受精卵持ち出し 大阪の焼き肉店経営者ら逮捕

▼記事によると…

・輸出が認められていない和牛の受精卵などを中国に不正に持ち出そうとしたとして、警察は、大阪の焼き肉店の経営者らを家畜伝染病予防法違反の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは大阪八尾市で焼き肉店を経営する前田裕介容疑者(51)と、知人の小倉利紀容疑者(64)です。

警察によりますと、小倉容疑者は去年7月、凍結保存されストロー状の容器で数百本分の和牛の受精卵と精液を、フェリーで中国の上海に持ち込もうとしましたが、現地の税関を通過できず、帰国したあと没収されました。

・受精卵などは徳島県の畜産農家から入手したとみられ、この農家はNHKの取材に対し、「去年2月、受精卵などがほしいと電話があり、その後、見知らぬ男性が訪ねて来て代金を受け取った」と話しました。

2019年3月9日 11時15分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190309/k10011841471000.html

家畜伝染病予防法


家畜伝染病予防法(かちくでんせんびょうよぼうほう、昭和26年法律第166号)は、家畜の伝染性疾病(伝染病)の発生の予防、及びまん延の防止について定めた日本の法律である。略称は家伝法(かでんほう)。
家畜伝染病予防法 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・牛のえさにすべ

・年代をたどれば日本の農産物も海外産由来の遺伝子が含まれているかも知れないが、昨今国際的な権利関連も整備されている訳だし種の国外流出を防ぐ施策を考えなけれはいけない。

・和牛に限った話しではないけれど、当事者は危機感がないよね。

・韓国産イチゴを売ってる北海道イオンも逮捕してください。

・外国は国レベルでスパイ行為をやりよる。日本はいつまでもお花畑^^次の世代は何を引き継げばいいのでしょうかw

・数多の酪農家が長い年月を重ねて培った血と涙の結晶を労せずして金に変える国賊です

・和牛の著作権は既に海外に出回っているのでは?いまさらなにを農水省 オソ

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認