「女性は土俵に上げない」相撲協会が中川智子宝塚市長に

▼記事によると…

・去年、大相撲の春巡業で土俵の上であいさつすることを断られた兵庫県宝塚市の中川智子市長は、大阪市で日本相撲協会側と面談し「女性を土俵に上げることは考えていない」と言われたことを明らかにした。

・相撲協会の広報部長の芝田山親方が「土俵は男が真剣勝負をする場であり、女性を上げることは考えていない。女性差別だと言うのは間違いだ」と述べたという

・相撲協会は去年7月、この問題について検討する委員会を作っているが、具体的に議論は進んでないと感じたということで、面談後中川市長は「伝統の在り方を見直そうと声を上げましたが、相撲協会には太刀打ちできませんでした」と述べた。

・そのうえで「東京オリンピック・パラリンピックを控えて、かたくなに女人禁制と言うのは通用しないと思うので、多くの人の意見を聞き入れてほしい」と訴えた。

2019年3月8日 21時30分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190308/k10011841131000.html

中川智子 プロフィール


中川 智子は、日本の政治家。兵庫県宝塚市長。元衆議院議員。
生年月日:1947年9月28日 (年齢 71歳)
中川智子 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ひな祭りなのに男の子は祝ってもらえない。何もない。差別だ!と喚くキチ◯イと同じだぞ。土俵に女を上げろと喚くのは。差別と区別を理解できないフェミ奇形左翼の戯言等は無視しておけばよい。

・宝塚も男性禁止ですが何か?

・この市長、女性を土俵に上げないのを不当だと言うのなら、日本の中にある「男子禁制」を自らのチカラで、全て解消してから、主張すべき。私は、「女人禁制」も「男子禁制」も共に尊重するべきと考える。

・直接立たなければ良いのかも。宙吊りで登場なんてどうでしょうか

・この宝塚市長が「土俵に上げろ」と言い出したのは、救命救急のため駆け付けた女性が「土俵から降りて」とアナウンスされ、それが世間で騒がれた直後。その前の年も土俵の下で挨拶してたのに、だ。共産党は弱者の脅迫をうまく使う。

・定期的に沸くね、この手の輩。お引き取り願うテンプレートが無いわけでも無いのに。

・何事も全て同じって事は無理だと思う。「違い」は、全て「差別」になるのかな。無理に「差別」作らなくてもいい気がします。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事