成人雑誌撤去 ミニストップ社長に聞く 売り上げ影響「ほとんどない」

▼記事によると…

・2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、コンビニエンスストアが店頭から成人向け雑誌を撤去する動きが広がっている。業界でいち早く取り組んだミニストップ(本社・千葉市)の藤本明裕社長に、経緯や効果を聞いた。

・-売り上げへの影響は。
「店舗によってばらつきがあるものの、売り上げ全体に占める成人雑誌の割合はわずか。そもそも雑誌全体の売り上げの減少傾向が続いており、店舗での陳列数も減っている。売り上げへの影響は、ほぼないというか(額が少なくて)分からない状態だ」

・-ほかに効果は。
「成人雑誌を並べたり整理する従業員、特に女性従業員に喜ばれた。お客さんの中には、女子高校生など若い女性のレジに(成人雑誌を)持って行く人もいる。過去にはたくさん売っていた時期もある。それが従業員に対するセクハラだったんだなと気付いた」

2019年3月2日
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201903/CK2019030202000283.html

ミニストップ


ミニストップ株式会社は、イオングループのコンビニエンスストアである。イオンの連結子会社。 店舗数は2016年11月現在5211店で、業界第4位。事業本部は千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1 イオンタワー6階。
ミニストップ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・え?売り上げが増えないと意味が無いんじゃないのか?

・実際に増えたわけではない

・絶対に子供の目に止まる所にあるし、撤去してもいいよ

・売り上げ変わってないって喜ぶ事なのか?

・震災後の買い占めでも一番残ってたのは雑誌だからな、多分一番要らない物だと思うわw

・今ではもう、立ち読みしてるヤツとかはあまり見かけないし、雑誌をどかそうが、どかすまいが何も影響ないよ

・結局女性スタッフが喜んでるだけで売上も上がってないと 

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事