【サイバー犯罪】低年齢化ではなく「日本の警察の技術力が低すぎて、子どものいたずら程度しか逮捕できない」説浮上…

不正プログラム書き込み疑い補導

▼記事によると…

・クリックすると同じ画面が表示され、消えなくなる不正なプログラムのアドレスをインターネットの掲示板に書き込んだとして、13歳の女子中学生が兵庫県警に補導されました。

・このプログラムでは、クリックすると、画面の真ん中に「何回閉じても無駄ですよ〜」という文字や、顔文字などが表示され続けるよう設定されているということです。書き込みを見つけた警察が、インターネットの接続記録を調べ、4日、補導しました。

03月04日 20時04分
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20190304/2020003239.html

↓↓↓

@ozuma5119さんのツイート

サイバー犯罪が低年齢化してるんじゃなくて、「日本の警察の技術力が低すぎて、子どものいたずら程度しか逮捕できない」説、かなり本当なんじゃ無いかと思えてきた……

サイバー犯罪


サイバー犯罪とは、主にコンピュータネットワーク上で行われる犯罪の総称。ネット犯罪とも称される。近年においても犯罪数や規模が増加している。
サイバー犯罪 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・いたずら程度の稚拙なもの出なければ基本的に逮捕できない理由を作ってくるっていうのが本当の原因だと思いますよ。

・ブラクラを不正プログラム(`・ω・´) キリッって言っちゃう辺りでお察し

・虚構新聞じゃなかった

・そもそも最近のブラウザで閉じれないウィンドウは実現可能なのか問題

・この程度のリンク貼り付けで書類送検。いつでも犯罪者になれそうだ。

・ウィルスでも何でもないのにさwジョークソフトの類なんか作ってる連中笑ってんぞ

・ニュースにできないような重大な事件取り扱ってるんだろ(適当)

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認