おすすめの記事

生きたたまま胆汁を絞り取られる…暗い檻の中で育ったクマが保護される。


漢方薬として知られる「熊胆(ゆうたん)」。
これは中国やベトナムで古来より重宝されているそうですが、一体どのように作られているのかご存知でしょうか?

お腹に穴をあけられていた熊

中国にある熊農場に、狭い檻のなかに閉じ込められた1匹の熊がいました。
その子の名前は「シーザー」。

kumama

シーザーのお腹には穴があけられていました。
彼女は、熊胆の原料でもある胆汁を取り出す道具として捕られていたのです。

麻酔をされることなくお腹に穴をあけられ、そこにチューブを通される。
そして生きたたまま胆汁を絞り取られる。

劣悪な熊農場では、そんな拷問のようなことを熊が死ぬまで続けるといいます。

kuma1

あまりの苦痛に自ら命を絶つ熊もいれば、
生まれた子供が同じ目に遭うことに耐えられず、自分の子供を殺してしまう熊もいる。

そんな過酷な環境のなかで、シーザーは何年も生きてきたのです。

スポンサーリンク

そんなある日、シーザーに転機が訪れます。
成都にある“アニマルズ・アジア”という保護団体が彼を救出することに成功したのです。

kuma2

しかし、シーザーは拷問器具のような鉄のコルセットで締め付けられていました。

ページ:

1

2 3
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!