アンパンマンとバイキンマンの関係を通して、どうしても子供たちへ伝えたかったメッセージ。


「アンパンマンが許さないこと」

アンパンマンは

「バイキンマンは悪い奴だ!

許さないぞ!」

とは言わない。

アンパンマンが言うのは

「あ!バイキンマン!

またイタズラしたな!許さないぞ!」だ。

悪いのはバイキンマンという

「人格」ではなく

イタズラという「行為」であるということ。

罪を憎んで、人を憎まずですね。

スポンサーリンク

人格を否定するのではなく

行為に対して注意する。

これは子育てにも通じる事だと思います。

アンパンマンとバイキンマンの関係を通して、

作者のやなせさんが、

どうしても子供たちへ伝えたかった

メッセージなのではないでしょうか。


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!