おすすめの記事

アンパンマンとバイキンマンの関係を通して、どうしても子供たちへ伝えたかったメッセージ。


「アンパンマンが許さないこと」

アンパンマンは

「バイキンマンは悪い奴だ!

許さないぞ!」

とは言わない。

アンパンマンが言うのは

「あ!バイキンマン!

またイタズラしたな!許さないぞ!」だ。

悪いのはバイキンマンという

「人格」ではなく

イタズラという「行為」であるということ。

罪を憎んで、人を憎まずですね。

スポンサーリンク

人格を否定するのではなく

行為に対して注意する。

これは子育てにも通じる事だと思います。

アンパンマンとバイキンマンの関係を通して、

作者のやなせさんが、

どうしても子供たちへ伝えたかった

メッセージなのではないでしょうか。

スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

「確認」と表示されたらクリックしてね♪

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

  1. とある人気ラーメン店の行列に並んでいた時にオバサンの友人が二人現れ何のためらいも無く割り込んできた。すると前列に並ぶ青年はこう言った…

    この間ラーメン屋で30分待ちで並んでいた時のこと。 前にいたオバサンが携帯でなにやらゴソゴソ話をし…