長谷川豊氏が番組で自身のブログ炎上に言及 出演者らは呆れた表情


長谷川豊氏が自身のブログ記事「人工透析患者は殺せ」の炎上に言及

20日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、司会の長谷川豊氏が、自身のブログ記事の炎上に言及する一幕があった。

番組では「今夜は寝れ9!!」のコーナーで「美女アナが行列をつくる 東京ローカルTV局」と題した、週刊アサヒ芸能の記事を取り上げた。

記事では、ローカルテレビ局のTOKYO MXに、フリーアナウンサーが進出をし続けていると伝えており、長谷川氏も記事の中で「天才的ド素人であるOプロデューサー(大川貴史氏)の存在が大きい」と、コメントしている。

この記事に、スタジオの長谷川氏は「キー局から来ると『放送事故だらけじゃないか』と、思うようで」と同局の空気感を指摘した。

これには、コメンテーターの宇多丸が「自分(長谷川氏)が1番事故だろ!」「こっちは全然まともだよ!」とツッコミを入れ、水道橋博士も「誰よりも炎上してるでしょ」「冷静に司会してるけどアンタが1番おかしいんですよ!」と長谷川氏を一刀両断して、笑いを誘った。

スポンサーリンク

アシスタントの阿部哲子アナウンサーも「今日も炎上してましたからねえ」と、長谷川氏のブログで「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」と題した記事が、炎上していることに触れた。

すると、長谷川氏は「違うんですよ!」「日本の保険料の払い方がずさんでしょ?っていうことで。『自堕落な生活で人工透析やってる連中なんて全員殺せ!』って言ったら、スゴい燃えたんですよ」と、まくし立てた。

すかさず、宇多丸が「当たり前でしょ!言い方言い方!」とツッコミを入れたが、長谷川氏以外の出演者は揃って、呆れた表情を浮かべていた。

長谷川豊ブログ


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!