おすすめの記事

【内田茂・前自民都連幹事長】これが「日本のドン」の闇豪腕だ!政治資金パーティーには大物政治家が出席


 これまで潜伏していた「都議会のドン」が一気に浮上してきた。内田茂前自民都連幹事長(77)である。だが侮ることなかれ。熟練の寝ワザ師ぶりで、ひそかに暴利を貪っていたのだ。

「ブラックボックスだ」

7月6日、小池百合子氏(64)は都知事選の出馬会見で、自民都連の体質をこう批判した。さらに自身のツイッターで、

〈『都議会のドン』やひと握りの幹部による都政運営を改め、都民のための『東京大改革』を進めます〉

敵をあぶり出す小池戦法で明らかになった“ブラックボックス”の主が内田氏だ。政治ジャーナリストの藤本順一氏が解説する。

「故金丸信氏の秘書の秘書、いわゆる使いっ走りが政治家人生のスタートです。

スポンサーリンク

75年、千代田区議に初当選すると着々と力を積み上げ、98年に都議会幹事長になった。名をはせたのは05年、石原慎太郎元都知事(83)の腹心・浜渦武生元副知事(69)の答弁偽装騒動です。

辞任を求める都議会側に対し、石原氏は譲歩を要求しました。この事態で、石原氏に膝を折らせたのが“都議会のドン”を公明党・藤井富雄氏(92)から引き継いだばかりの内田氏だった。以降、今日まで権力を拡大してきました」

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!