Share News Japan

祖父母に会いたい… 独の12歳少年が200kmの距離を無事故で運転

祖父母に会いたい… 独の12歳少年が200kmの距離を無事故で運転

【海外発!Breaking News】祖父母に会うため200kmの距離を運転した12歳少年 アウトバーンも走り抜ける(独)

「おじいちゃんとおばあちゃんに会いたい」…離れて暮らし、たまにしか会わない祖父母に会いたい気持ちが募ったのだろうか。

しかし、免許を持たず、自分が車のハンドルを握るという行為がどれほど危険なことかを理解していなかったのだろう。

このほどドイツで、祖父母に会いに行くために200kmもの距離を運転したという12歳少年のニュースが英紙『Metro』で報じられた。

今月8日、ドイツのザクセン州リンバッハ・フローナ(Limbach-Frohnau)に両親と住む12歳の少年は、バイエルン州バンベルクに暮らす祖父母の家に向かって13歳の友人と一緒に車を走らせた。

車がないことに気付いた両親が息子とその友人の捜索を警察に通報。幸いにも少年は、自宅から祖父母の家までの200kmの距離を速度無制限の高速道路「アウトバーン」さえも無難に走り抜け、事故一つ起こすことなく祖父母の家に到着したという。

             

記事が良かったら『いいね!』をお願いします。

〈1日1クリックのご支援お願いします〉
⬇︎⬇︎⬇︎
現在第1位!

                 

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事

Return Top