Share News Japan

小林麻央 2年前に「がんの心配はない」と診断されていたと明かす

小林麻央 2年前に「がんの心配はない」と診断されていたと明かす

2年前の検査で「がん心配ない」のはずが 小林麻央の告白に海老蔵「時は戻せない」

乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が2016年9月11日、2年前に受けた人間ドック後の再検査で「癌を疑うようなものではない」と告げられていたと、ブログで明かした。

人間ドックでは「(がんの可能性は)五分五分」と言われていたが、再検査の医師は「心配いらない」と話したという。夫の市川海老蔵さん(38)も当時を思い起こして、「時は取り戻せない」とブログに書いている。

再検査後には「ほっとしました」

麻央さんは16年9月7日から、がん告知までの経緯をブログで振り返っている。それによれば、2014年2月に海老蔵さんと人間ドックを受診。その日のうちに医師から、左乳房に腫瘤があり、早急に病院へ行くようすすめられた。がんの可能性を聞くと、「五分五分です」と伝えられたという。

「大きな病院」に再検査予約を入れた麻央さん。知人である2人の「乳腺専門の先生」からは「授乳中のしこりで癌の可能性が五分五分なんて、その先生は、オーバーだね」と言われたこともあり、安心していたという。

そして9月11日のブログ投稿では、再検査で触診と超音波、マンモグラフィー検査を受けたと明かした。

             

記事が良かったら『いいね!』をお願いします。

〈1日1クリックのご支援お願いします〉
⬇︎⬇︎⬇︎
現在第1位!

                 

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事

Return Top