おすすめの記事

柔道57キロ級で銅獲得の廣瀬順子 人生の転機は夫との出会い


【パラリンピック】夫とともに勝ち取った柔道女子日本初のメダル 

57キロ級3位の広瀬順子 視力失い畳から遠ざかった3年間 夫との出会いで人生に転機

【リオデジャネイロ=佐々木正明】パラリンピック柔道女子で日本初めてのメダルは夫婦2人でつかみ取ったものだった。

57キロ級で広瀬順子選手(25)=伊藤忠丸紅製鋼=が銅メダルに輝いた。

3位決定戦で勝った後、観客席で見守っていた夫の広瀬悠選手(はるか、37)が近寄り、歓喜の抱擁を交わした。「やった! おめでとう」

昨年12月に結婚したばかりの新妻はこう返した。「頑張ってよ。明日」

スポンサーリンク

翌日に男子90キロ級の試合で金メダルを目指す悠選手への力強いエールだった。

小5で柔道を始め、全国大会に出場するほどの実力を身につけた。しかし、19歳のとき突然、視力をほとんど失う難病にかかった。3年間、畳から遠ざかった。治療のため激しい運動ができなかった。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!