おすすめの記事

【プーチン大統領】ソ連は日本に2島返還の用意あったが拒否された


プーチン大統領は、ソ連は1956年の日ソ共同宣言に従い南クリルの2島を日本に引き渡す用意ができていたが、日本側が同宣言履行を拒否したと述べた。

プーチン大統領は次のように述べた。

「思い出しておきたいのだが、ソ連はこの領土を第2次世界大戦の結果として手に入れ、国際法文書により登録された。

ソ連は1956年に長く粘り強い交渉のあと、日本と宣言に調印した。そこには南の2島(ハボマイ シコタン)が日本側に引き渡されると書いてある。

しかし、この場にいるのは全員が法律家ではないため、私は法律家として次のことを言うことができる。

つまり、「引き渡される」とは書いてあるが、どのような条件で引き渡され、どの国の主権が保持されるのかは書いていない。」

プーチン大統領によると、日ソ共同宣言の多くの問題がさらなる詳述を必要としたという。

プーチン大統領は次のように付け加えた。

スポンサーリンク

「しかし、調印と発効後、日本側はこの宣言履行を拒否した。日本にはこれだと不足していると感じられ、全4島返還を目指すべきだと決めた。そして本質的に、どちら側も宣言を履行しなかった。宣言は単に停止して、ソ連もまた後に、これを履行するつもりはないと声明した」

プーチン大統領は次のように強調した。

「ソ連は2島返還の準備ができていたが、繰り返させてもらうが、どのような条件なのかは不明で、宣言には書かれていない。宣言には、経済活動、安全保障問題に関する問題や、人道的な性格の問題もある。これらすべてはわれわれが注目する領域にある。」

出典: http://jp.sputniknews.com/russia/20160906/2733765.html

スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!