おすすめの記事

慰安婦問題を作った吉田清治氏の長男語る「像をクレーンで撤去したい」


慰安婦像をクレーン車で撤去したい 慰安婦問題を作った男「吉田清治」の長男が語る

元慰安婦らへの支援を目的とする「和解・癒やし財団」に日本政府が10億円を拠出することが、8月24日に閣議決定された。昨年末の日韓合意に基づくもので、今後は、在ソウル日本大使館前の慰安婦像の撤去を求めていくという。

慰安婦問題をめぐっては、一昨年に朝日新聞が、過去の記事を撤回したことが記憶に新しい。そこで「虚偽」とされたのが、“慰安婦狩り”をしたとの故・吉田清治氏の証言だ。

「新潮45」9月号に掲載の『【「吉田清治」長男、衝撃の告白】「慰安婦像をクレーン車で撤去したい」慰安婦問題を作った男の肖像』では、ジャーナリストの大高未貴氏が、謎に包まれてきた清治氏の実像に迫っている。特筆すべきは、清治氏の長男へのロングインタビューである。

ianfu
「父が犯した慰安婦強制連行の捏造について、吉田家の長男として、日本の皆様にたいへん申し訳なく思っております…」と吉田清治氏の長男は語り始めた。

■「済州島には行っていません」

〈「父が犯した慰安婦強制連行の捏造について、吉田家の長男として、日本の皆様にたいへん申し訳なく思っております。できることなら、世界中の慰安婦像をクレーン車で撤去したい(略)私自身、なぜ父があんなことをしたのか知りたいのです」

と、吉田清治氏の長男は語り始めた。清治氏は平成一二年七月三〇日に死去するが、それまでずっと一緒に暮らしてきたのが、この長男だった〉※〈〉は本文より引用、以下同

スポンサーリンク

66歳になるこの長男に、大高氏は数々の貴重な話を聞いた。例えば清治氏は、諫早刑務所での服役生活の後に、山口県労務報国会下関支部の動員部長として済州島に赴き、“軍の命令で朝鮮人女性を強制連行し慰安婦にした”ということになっている。

ところが、その長男が衝撃的な証言をする。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

▼アンケート(ランダム表示)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!