おすすめの記事

人生息詰まった時に聞きたい、瀬戸内寂聴の涙が出てくる言葉


別れの辛さに馴れることは
決してありません。
幾度繰り返しても別れは
辛く苦しいものです。
それでも、私たちは死ぬまで
人を愛さずにはいられません。
それが人間なのです。

もし、人より素晴らしい世界を見よう
そこにある宝にめぐり逢おうとするなら
どうしたって危険な道、恐い道を
歩かねばなりません。
そういう道を求めて歩くのが
才能に賭ける人の心構えなのです。

人間は生まれた時から一人で生まれ
死ぬ時も一人で死んでゆきます。
孤独は人間の本性なのです。
だからこそ、人は
他の人を求め、愛し、肌で
あたため合いたいのです。

スポンサーリンク

人生にはいろいろなことがあります。
しかし、悲しいことは忘れ、辛いことは
じっと耐え忍んでいきましょう。
それがこの四苦八苦の世を生きる
唯一の方法ではないかと思います。

大抵の人間は自分本位です。
特に女性は自分中心に地球が
廻っていると思っていて
思い通りにならない現実に腹を立てて
愚痴ばかり言うのです。
思い当たることはありませんか。

相手の立場に立ってモノを考えれば
人間は他者のために
どんなことでもできるのです。

人は、不幸のときは一を十にも思い
幸福のときは当たり前のようにそれに馴れて
十を一のように思います。

どんな悲しみや苦しみも
必ず歳月が癒してくれます。
そのことを京都では
『日にち薬(ひにちぐすり)』
と呼びます。
時間こそが心の傷の妙薬なのです。

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

「確認」と表示されたらクリックしてね♪

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!

  1. 「たった62人」の大富豪が全世界の半分の富を持つ 〜あまりにも異常な世界の現実

    大富豪が巨万の富を握り、庶民は重労働と薄給にあえぐ。そんな100年前の世界に、私たちは逆戻りしている…