戦後のドイツで、自分の身の危険もかえりみず、人々を救い続けた日本人医師。長い間知られずにいた、その人物の生涯とは…

旧東ドイツのポーランド国境近くに、リーツェン(Wriezen)という小さな町があります。

このリーツェン市の名誉市民に、日本人医師「肥沼信次」という名があります。

広場の墓地には、1メートルの人目を引く大理石の墓石があり、そこに肥沼さんが眠っています。

numa

この市には、肥沼通りという名前の通りがあり、春には並木の桜が咲き誇るそうです。

また地元の教科書にも肥沼さんのことが取り上げられており、リーツェンの多くの人の心の中に、日本人・肥沼医師が生きています。

この肥沼医師、この地でどのような功績を残したのでしょうか?

時は、第二次世界大戦終結後です。

ドイツでは最悪の衛生環境のため、伝染病が蔓延していました。

貧困と不衛生の中、チフスが大流行して、毎日多くの人がバタバタと死んで行きました。

ドイツ人の医師は、すべて戦争に駆り出されていたので、ほとんど無医村状態。

あまりの発疹チフスの蔓延ぶりに、近隣の都市の医師は、伝染病に感染するのを恐れて診察に来ませんでした。

そこにやってきたのが肥沼医師です。

この地での肥沼医師の死闘が始まりました。

スポンサーリンク

この国境沿いには、ポーランドから退去させられた
大量のドイツ難民が400万人流れ込んできていました。

リーツェンの近郊には難民収容所が緊急に作られ、大勢の病人が収容されていました。

そこは地獄と化していたのです。

人々はそこでただ虫のように横たわり、苦痛ととシラミに苛まれて助けを求めていました。

肥沼医師の戦いには、鬼気迫るものがあったそうです。

なぜ日本人が、これほどまでに外地で献身的な働きをするのか、当時の看護婦(看護師)が証言しています。








▼アンケート(ランダム)& 結果確認

おすすめの関連記事