▼竹田恒泰さんのツイート

そこまで言って委員会で、住田裕子弁護士に、モリカケ問題で無いことの証明を求めることはおかしいという趣旨の発言をしたら、「人格攻撃」だって返ってきた。いやいや、人格ではなく住田氏の考え方を攻撃しているんですけど。彼女は、都合が悪くなるとそうやってはぐらかす人のようだ。

竹田恒泰 プロフィール


竹田 恒泰は、日本の法学者、政治評論家、作家、タレント。皇學館大学現代日本社会学部非常勤講師。学位は学士。2013年度まで慶應義塾大学の非常勤講師であった。 旧皇族の竹田家に生まれる。北朝第三代崇光天皇の男系19世子孫であり、明治天皇の女系の玄孫、第125代今上天皇の再従甥にあたる。竹田恆和は父。
生年月日: 1975年10月24日 (41歳)
竹田恒泰 - Wikipedia

住田裕子 プロフィール


住田 裕子は、日本の弁護士、H.S&P法律事務所所属。第一東京弁護士会所属。 元検事。日本中央競馬会経営委員。東京スター銀行社外取締役。 タレント。
生年月日: 1951年6月21日 (年齢 66歳)
住田裕子 - Wikipedia

▼動画をみる

▼関連動画

竹田「改竄は財務省の問題。安倍さん関係ない
須田「元検事ならちゃんと事実関係言わないと。想像で話してる?」
住田「筋読み
須田「筋読みは想像?」
住田「予測してありそうなことをきちっと考える
竹田「元検事のくせに無いことの証明を求めてる

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・住田さんは他人のことは散々攻撃なさるくせに、いざ自分が言われると人格攻撃とはおめでたい人ですね。彼女の行為そのものが事実誤認による人格攻撃に他ならないと思うのですが。

・弁護士と言う職業の人って、人の弁護は得意だがイザ自分の意見等主張する時になぜだか?ポンコツになるのはなぜだろう?とても法律武装してるとは全然思えない程のポンコツぶりを露呈する方が多い(特に左寄りの方?)国会議員にも当てはまる様な…?※個人の感想ですが(笑)

・全く能のないばあさんですね…😁

・住田氏の見る目が変わった

・経産省が、とか検察の人事がとか訳の分からないこと言ってました。弁護士さんより美女席におられた方がずっとまともな感じでした。

・観てました。ちょっと目を離したスキに、「人格攻撃」とされてましたね。まるで、盾に毒針をつけてるような防御みたいでしたね

・見ました!阿呆なのかな?って感じでした(・_・;)

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事