▼高須克弥院長のツイート

修行しない堕落した僧侶の実態は図々しい乞食であります。お釈迦様が教団を作られた際、衣食住を求めるのが目的の僧侶を排除するために厳しい戒律を作られました。釈尊自ら実践されました。厳しい戒律を守り修行する僧侶は超人です。
仏、法、僧は崇められる存在です。
戒律から解脱した僧侶は俗人です


https://twitter.com/katsuyatakasu/status/982386903415599105

▼関連記事

瀬戸内寂聴が安倍昭恵夫人に提言「世の中は変わりました。今や離婚歴は『勲章』です。あんな旦那は今すぐポイしちゃいなさい」

“たまたま結婚した相手が首相になった”というだけなの。そう考えれば、ずいぶん気が楽になるでしょう。あんな旦那さまは、今すぐポイしちゃいなさい(笑い)。
https://snjpn.net/archives/47474

高須克弥 プロフィール


高須 克弥(たかす かつや、1945年〈昭和20年〉1月22日 - )は、日本の医師。医学博士、昭和医科大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会高須病院理事長、高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。愛称は「かっちゃん」「高須院長」など。
生年月日: 1945年1月22日 (73歳)
高須克弥 - Wikipedia

瀬戸内寂聴 プロフィール


瀬戸内 寂聴は、日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名晴美。京都府在住。 僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士。元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民。京都市名誉市民。
生年月日: 1922年5月15日 (95歳)
瀬戸内寂聴 - Wikipedia

▼関連動画

▼twitterの反応

▼ネット上のコメント

・オイラははっきり言って宗教の話は全く分かりません。撥水性のレインコートが雨粒を弾くように、ぜんぜん心の中に入ってきません。ただ親鸞上人が言った、「人は大いなる存在によって生かされている」という言葉には共感できました。大いなる存在を「地球環境」と置き換えれば、現代にも通用すると。

・色欲にまみれ肉を食らい、織田信長に叡山延暦寺が消された理由がわかる気がしますね(^-^;

・そもそも瀬戸内さんがいかに僧侶のみちにはいり、説法を説こうと不倫に厳しい私としてはあの方の過去は許せない。不倫それは他人の不幸を踏み台にして自分の幸せをとるエゴイスト。へどがでる。

・この方はなぜ昭恵さんは安倍総理に不満を持っている前提で話しているのでしょう?しかも「私はわかる」って。胡散臭い宗教じみててひたすら怖い。

・失礼致します🙇一般人のわたくしですが、僧侶個人が言った言葉とは到底思えません😢💦ましてや(離婚が勳章で在る)と悟りの境地を説かれていらっしゃいます😭💦陥落してしまった

・顔相をみればわかりますよ。ありがたいお顔されてないですもの。あれだけ齢を重ねられているのに。

・延暦寺焼き討ちを悪い事と教える国だもん。暴力と政治を学ぶいいお題なのに考える機会を与えないもの。この人に集まる人は「私を褒めて、私は優等生」って思ってきてるだけ。この気持ちが民主主義を実現させないよ。

・尼僧のコスプレしている人だと思っています。そういう格好だと目立つし、最初はそれっぽく振る舞ってお金を集めてそれっぽいこと言って注目を集めれば芸能界で生きていけますしセミナーとかで儲けられますからねぇ。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

ランキングに参加しています!
↓↓↓

Twitterで速報を受け取る

アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事