身分制度という物はいったい誰が考えたのか。

考えたというよりも必然的にそのようなものになっていったのかもしれませんが、少なくとも現代の世の中には「会社」という社会の身分制度があり、社長の下に多くの部下が付くという仕組みは300年後には士農工商のような「身分制度」として紹介されるのかもしれませんね。でもその士農工商なかったみたいです。

士農工商について

士農工商(しのうこうしょう)とは、儒教において社会の主要な構成要素(官吏・農民・職人・商人)を指す概念である。「四民」ともいう。日本では、近代になり江戸時代の身分制度を意味すると捉えられるようになった、1990年代ごろから実証的研究が進み、誤った認識であることが理解されるようになった。

概要

士農工商(四民)は、古代中国から用いられた言葉で、紀元前1000年頃には既に見られる。意味としては、漢書に「士農工商、四民に業あり」とあるように、「民」の職業は4種類に大別されるということになる。そして、これを連続して表記することで、「老若男女」のように、あらゆる職業の民、つまり「民全体」または「みんな」といった意味で使われる。

近世日本では、遅くとも17世紀半ばまでに「士」が武士を意味するように意味が改変されて受け入れられた。また、近代以降には「士農工商」が近世の身分制とその支配・上下関係を表す用語として認識されるようになった。しかし、1990年代になると近世史の研究が進み、士農工商という身分制度や上下関係は存在しないことが実証的研究から明らかとなり、2000年代には「士農工商」の記述は教科書から外されるようになった。

これに関係して、「四民平等」も本来の意味(すべての民は平等)ではなく、「士農工商の身分制からの解放」という認識を前提に用いられたものであったため、教科書から消された。 ただ、昭和時代の教育を受けた人を中心に未だ士農工商は身分制として認識されていることがある。
なお、上記はあくまで近世日本に「士農工商という身分制」が存在しないということであって、「士農工商」という言葉は当時も(本来の意味で)用いられており、「身分制」も存在していることに注意されたい(実際の身分制については士農工商#歴史を参照のこと)。

歴史学者の田中圭一は、「本来、士・農・工・商は職分であり、そのような職分を身分制度として説明すること自体がばかげているのであるが、書物はいまもそれを変えることをしない」と述べている。

(詳しくはWikipediaへ)

教科書に関して
https://www.tokyo-shoseki.co.jp/e-mail/qanda/q-es-shakai.htm
4106ae5a-s

(記事によると)
武士は支配層として上位になりますが,他の身分については,上下,支配・被支配の関係はないと指摘されています。
特に,「農」が国の本であるとして,「工商」より上位にあったと説明されたこともあったようですが,身分上はそのような関係はなく,対等であったということです。

詳細を読む>>

士農工商が序列を表すといった見方は当時(江戸時代)にはほとんどされていませんでした。明治維新以来、幕府政治を低く評価するために新政府が採用したという説もあります。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事