おすすめの記事

1%の可能性を信じてブラジルに渡ったサッカー少年がキングと呼ばれるまでの軌跡


一人の少年が進路希望欄に書いたのは、「ブラジル」だった。

ブラジルで、プロサッカー選手になることが少年の夢だった。

担任の先生は、激怒して職員室から追い出した。

サッカー部の先生には、「99%無理」と言われた。

少年は、「1%あるんですね?なら、僕はその1%にかけます。」と答えた。

少年は、15歳でブラジルに旅立った。

ブラジルのユースチームで、こんなことがあった。

少年がサッカーの格好をしているだけで、周りの人間は彼を笑った。

サッカーが下手くそなのは、代名詞のように「日本人」だと言われた。

スポンサーリンク

だが、その少年は死に物狂いに練習を重ねた。

そして… 

ページ:

1

2
スポンサーリンク スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!